東京新聞の特徴

東京新聞は、120年余の歴史を持つ新聞です。「東京新聞」の名前は昭和17年(1942年)に「都新聞」と「国民新聞」が合併したときからですが、その前身までさかのぼれば、誕生は明治17年(1884年)になります。 いま、唯一の「首都圏の地元紙」として東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木の1都6県、そして静岡県東部を主な発行区域にしており、その「分かりやすい記事」「親しみの持てる紙面」は、多くの読者に親しまれています。
 東京を舞台に生活や仕事をする人のための、地域に密着したニュースや情報が満載。 政治・経済・社会などのトップニュースも、「東京の視点」で見ることにより、よりわかりやすく、より親しみのある記事として伝えます。 あなたが知りたい、東京があります。 それが東京新聞です。

ポイント
◎地域のニュースが豊富です
東京都には、都心版 山手版 したまち版 武蔵野版 多摩版 の5版あります。
当ホームページでも品川区の記事がありましたら、紹介していきます。

◎真実がわかる新聞です
新規購読者の購読理由には公平な視点・報道姿勢・真実の報道などがあり、文章もわかりやすくしているため読みやすい・記事が良いという評価・評判も頂いております。

◎家計にやさしい購読料
1ヶ月朝刊と夕刊を配達して3,700円はお得です。なお、内容がコンパクトにまとめられて、折込チラシも入ります。

関連サイト
東京新聞ほっとWeb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です